青魚を食べて美肌になろう!

-shared-img-thumb-0I9A4448ISUMI_TP_V

青魚と言って頭に浮かぶもの。さんま、いわし、マグロなど。背が青い魚の総称です。

記憶力を高めると言われるDHAや血液をサラサラにしてくれるEPAといった成分が豊富。美肌にもいい影響を与えてくれるその効果について紹介します。

 

血流が美肌のキーポイント

Fotolia_68577516_XS

 

一定温度で固まる油と固まらない油に分けられます。美肌にいいのは「固まらない油」

固まる油⇒ 体内で固まりやすい脂になってしまいます。肉類

固まらない油⇒冷めても固まらず固まっている脂を溶かしてくれます。 青魚。

 

とは言っても青魚だけをたべていれば肉は一切たべなくていい。と言うわけではありません。肉類は敬遠されがちですが筋肉を作るためや女性らしいカラダ作りになくてはならないものです。

 

新陳代謝を正常化し肌トラブル改善へ導く

 

つやつや肌

 

DHAEPAサプリを続けていくとこんな変化に気づくことがあります。

あれ?

 

  • お肌にハリや弾力が出てきた
  • 背中の吹き出物が消えた
  • 肌の乾燥や髪のパサつきが気にならなくなったし、潤いがましている
  • アトピー肌が改善された

うれしいことに

お肌自体が柔らかくなってきます。これは新しい角質が生まれ変わるときに、ターンオーバーが正常に行われている証拠でもあります。

 

青魚の1日の摂取目安は1000mg(厚生労働省推奨)

 

-shared-img-thumb-SAWA_saikyouteisyoku_TP_V

 

この1000mgは魚換算でおよそ90グラム。これを毎日摂ると美肌間違いなしというわけです。

魚介の摂取量が減ってる近年ん、もっと積極的に摂りたい食べ物ではありますが、毎日欠かさず魚を撮り続けるのは負担かもしれません。

 

加熱調理をした時点で酸化してしまっていることを考えると食品で取るよりも効率的に美肌成分を送り届けれるというわけです。

 

そこで手軽にDHAEPAを継続的に摂取できる方法がサプリメントです。

DHAEPAサプリの選び方のコツを紹介します。

 

ズバリ酸化していないDHAEPAサプリかどうか

 

自分では摂取できていると思っていてもDHAEPAサプリはとても酸化しやすいというデメリットがあります。

「酸化していない」ものを選ぶということがとても大切です。

きなり10

 

ここで紹介している「きなり」と言うDHAEPAサプリ酸化させずに体内に届けることができるクリルオイルを採用していることです。

オイルの色は真っ赤。この赤色は南極に生息するオキアミから抽出され一般的な魚油とちがいフレッシュさを保ちやすい形状です。

アスタキサンチンの赤色が酸化させずに体内まで届けてくれるます。

 

しかも、クリルオイルは一般的な魚油とちがい水にすばやく溶ける性質があります。小腸からスピーディに吸収されることにより美肌はもとよりカラダ全体を

抗酸化してくれるということです。

 

今、もしあなたがDHAEPAサプリを飲んでいるなら早速、酸化していないか、吸収率はいいかなどで比較してみてください。

きなりは一般的に通販専門なので、店頭販売はしていません。

通販で購入するとモニター価格で購入できる特典なんかもあるみたいなのでおすすめと言えます。

 

まだ味わったことのない上質な肌の質感を体験してみませんか?