病気診断されるのが不安?ならこのお手軽方法で事前ケア

 

メタボ腹

 

20代のころは健康診断でまったく問題がなくても、30代になると数値が気になり始めてくる。それはあなただけではありません。

人は加齢とともに20代よりも30代の方が代謝は確実に落ちてしまうもの。結果、身体に脂肪を溜め込みやすくなってしまうのです。

 

 

そのまま放置していくとやがて血液ドロドロ。これは体の酸化が進んでいる状態。

血管が錆び付くと様々な病気の引き金になってしまい動脈硬化などを促進させる原因となります。
血液に関わる疾患は中年世代から増え始めるので、定期的な健康診断は欠かせません。

 

⇒体が錆び付く

健康診断を乗り越えるには?

-shared-img-thumb-PAK89_gyogunonagare20140719_TP_V

 

病気診断が不安な方は、普段から魚をたくさん食べることをおすすめします。

そんな魚だけで?ウソでしょ?と思うかもしれませんが、
厚生労働省のWEBサイトでも、生活習慣病を防ぐために青魚を食べることを推奨しています。

 

体重を適正値に保ちつつ血液を綺麗にしておけば、ほとんどの病気は防ぐことができます。
魚を毎日食べるのは辛いという方は、きなりサプリを飲んでみるとよいでしょう。

 

クリルオイルとDHAEPAを豊富に配合したきなりは、不摂生な生活を続けている方に最適です。
若いころは問題がなくても、中年以降になると一気に病気のリスクが高まるため、病気を予防する対策が重要となるのです。

 

普段から健康体を維持できれば、病気を防ぐことができるでしょう。
きなりは魚臭さゼロのサプリで、吸収率も高いので効率よく取り込むことができます。
Biological additives to food, vitamins for a healthy lifestyle, capsules an omega 3 with cod-liver oil, transparent orange color an embankment on a light background close up

 

サプリのメリットは吸収率が高く、手軽に摂取できることにあります。
食後は胃腸も元気に動き始めるタイミングなので、ぬるま湯と一緒に飲むといいでしょう。

 

吸収率を高めるためには、お腹を冷やさないように注意しましょう。
代謝不良や冷えを招くので、肥満や脂質異常症のリスクを高めてしまうのです。

 

血液ドロドロが気になる方は、3ヶ月はきなりを飲んでみましょう。
薬ではないので実感できるまでコツコツと飲む必要があります。
病気予防のためには、健康診断を受けるたびに前回数値との比較をするようにしましょう。

 

きなり10